二日酔い防止ドリンクよりおすすめのウコンのサプリ

二日酔い防止ドリンクより粒タイプの方が携帯しやすくお酒の前にも飲みやすくておすすめです。二日酔い防止ドリンクよりもクルクミンの含有量が豊富で肝機能を向上させるウコンサプリを活用していきませんか?

二日酔い防止ドリンクより粒タイプの方が携帯しやすくお酒の前にも飲みやすくておすすめです。二日酔い防止ドリンクよりもクルクミンの含有量が豊富で肝機能を向上させるウコンサプリを活用していきませんか?

二日酔い防止ドリンクといえば

「二日酔いをドリンクでしっかりと防止したい」
「どのドリンクが一番効果があっておすすめなの?」

二日酔い防止ドリンクといえば「ウコンの力」「へパリーゼ」の2つが最も有名だと思います。

どちらも効果・効能のところに二日酔いと書いてあるわけではないのですが、使ってみて体感出来たり効果を感じなかったり人それぞれだと思います。

へパリーゼは肝臓や胃腸などに働いて滋養強壮効果を発揮する「肝臓水解物」が含まれていることが売りで、ウコンは肝機能を高める効果がある「クルクミン」が含まれていることが売りとなります。

二日酔い防止ドリンクには他にもノ・ミカタなど製品がいくつかありますが、まずは実際に使ってみて効果を体感出来るのであれば使い続ければ良いし、最初は効いたけど効かなくなってきた、そもそも効かないという場合には他の方法を探せば良いだけだと感じています。

人によってウコンの力でもヘパリーゼでも効果の体感には個人差があるので自分にとって良い二日酔い防止ドリンクが見つかるまで色々な製品を試していくことをおすすめします。

また、二日酔い防止ドリンクは飲酒前に飲むとお酒や料理の味を邪魔したり、飲酒後に飲む場合は忘れがちになったり飲むこと自体が大変だったりする場合もあります。

そこで、二日酔い防止ドリンクよりも良いなと感じている方法があるので紹介したいと思います。

ドリンクより粒タイプの製品がいい

個人的に二日酔い防止ドリンクのデメリットだと感じている点は、お酒を飲む前にドリンクを飲むことで最初の一杯の美味しさが半減してしまい料理も美味しく食べれないことと、飲み会の時に気軽に携帯しておきにくいことが挙げられます。

コンビニで買えるタイミングがなかったり、いつどこで飲んで空ビンや空き缶をどこに捨てるのかという現実的な問題もあります。

その点、粒タイプの二日酔い防止サプリであれば携帯も簡単で、お酒の最初の一杯と一緒にサクッと飲むことも出来て便利な商品もあります。

中でもクルクミンの含有量が豊富なウコンから作られたゲンキウコンというサプリが今1番のお気に入りです。ゲンキウコンは50種類以上あるウコンの中でも特にクルクミンの含有量が豊富なクスリウコンから作られているだけではなく、一回分ごとに携帯出来るようになっていて普段からポケットやカバンにしのばせておくことも可能です。

持ち運びが簡単なので飲みの席で上司や女性スタッフに一包プレゼントするのも良い使い方です。

ウコンはウコンでもクルクミンの含有量に注目して選ぶことが大切です。ゲンキウコンならしかも粒タイプなのでドリンクタイプよりも便利に活用していくことが出来ますよ。
 
 

お酒の強さは生まれつき

私たちがそもそも二日酔いになってしまうのはアセトアルデヒドというアルコールの10倍毒性が強いと言われている物質のせいです。このアセトアルデヒドを分解して酢酸にする肝臓の酵素「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」の働きの強さが生まれつき決まっていて、ALDHの働きが弱いと二日酔いになりやすい体質になってしまいます。

日本人の半数近くはALDHの働きが弱いと言われていて5%に限っては全く働かないと言われています。このALDHの働きの強さは生まれつき決まるもので後からどうすることも出来ません。

そこで二日酔い予防のためには別の要素に注目する必要が出てきます。それが「胆汁」です。胆汁にはアセトアルデヒドの代謝を促進する効果があり、この胆汁はクルクミンによって分泌量を増やすことが出来ます


クルクミンをウコンサプリで摂る⇒胆汁が増える⇒アセトアルデヒドの分解が助けられる⇒二日酔い予防が出来る


ということです。ウコンが二日酔い防止に人気なのは、クルクミンを豊富に含んでいる食材がウコンしかないからです。

ウコンサプリの中でもドリンクタイプではなく粒タイプで使っていきやすい、クルクミン含有量が豊富なゲンキウコンでこれからしっかりと悪酔い二日酔いを防止するようにしていきたいですね。
 
 

二日酔い防止ドリンクよりおすすめのウコンのサプリ © 2017